水と人との関係
人間の体の50~75%は水でできている。
人間の体のほとんどは水でできています。年齢や性別、個人差はありますが胎児では体重の約90%、子供では約70% 、成人では60~65%、老人では50~55%が水が占めています。なぜ、成長すると水分の割合が減ってしますのでしょうか? それは、生きるために必要な脂肪が体内に付いてくるからで、その脂肪分だけ水の割合が少なくなってしまうからです。 成人の水分量は60~65%ですが、一般的に女性は男性より脂肪が多く、水分量は少なくなっています。また、老人はさらに水分量は 少なくなります。 この違いは脂肪の多い少ないではなく、細胞内の水分の低下が原因です。筋肉が衰えるのと同様に、細胞内の水分が減少していくのは 老化現象の一つと考えられています。

水分量が少なくなると?
人間の体は100兆個もの細胞から成り立っており、体重の65%を占める水分の約3分の2はこの細胞内に存在しています。 体内の水が不足する事を脱水症といいますが、脱水症をおこすと、体温を調節する汗が出なくなり高熱になり、汗や尿が出なく なるため体内に老廃物が溜まり、血液の流れが悪くなり、全身の機能が障害を起こし、死に至ることもあります。 体重の2%の水分が失われると、口や喉が渇き食欲が無くなるなどの不快感に襲われます。 約6%不足すると、頭痛・眠気・よろめき・脱力感に襲われ情緒も不安定になります。 さらに10%不足すると、筋肉の痙攣が起こり、循環不全・腎不全となり意識が失われ、20%を超えると死に至ると報告さ れています。

体内での水の働き
水は分子の形で体内を巡り、ものを溶かして運ぶ働きをしています。体内には脂質など水が溶かさないものもあり、 溶かすもの溶かさないものが両方あって機能しています。
1、摂取した栄養素を運ぶ
血液中の水分に栄養素が溶けることで全身に栄養を運んでいます。体内の水分が不足すると血液の水分も不足し、 ドロドロの血液となって流れも悪く充分な栄養が行き渡らなくなります。
2、体内の老廃物を排出する
体内の老廃物も血液中に溶け込んで腎臓に運ばれます。腎臓から尿に混じって対外に排出されますが尿も水ですので、 水分が不足すると体から老廃物が排出できす溜まっていくことになります。
3、体温調節
体の60~65%は水分ですから気温が変化しても、水の保温効果と発汗作用と体温調節を行っています。水分が不足すると上手く体温調節ができず変調をおこす危険があります。

水を飲む効果
1、生活習慣病の予防
水分の摂取が充分でないと、血液中の水分が不足しドロドロの血液となり血行が悪くなるため心臓は血行を良くしようと 作用し高血圧の原因となります。また末端部分への循環も悪くなり血行障害や肥満、糖尿病などの生活習慣病の原因ともなります。
2、便秘の解消
便秘の原因には食物繊維の不足・運動不足・ストレスなどがありますが、水分不足も便秘の大きな要因とされています。 水分が不足することで便が固くなり排出されにくく、消化液の分泌量も減少します。
3、痛風の予防
血中の尿酸の濃度が高まり血液に溶けきれないで結晶となり痛風となります。充分な水分補給で血中の尿酸濃度を下げ痛風を予防して ください。しかし、糖分を含んだ飲み物を補給すると中に含まれる糖分がプリン体の代謝に影響を与えます。水分補給は 「水」が望ましいと言えます。

 

トップページ製品案内法人様窓口浄水器Q&A水と健康OEM生産について商品に対するお問合せ会社案内プライバシーポリシーサイトマップ
Copyright(c)Sasaki Factory Corporation. All rights Reserved.   maintenance by e-netservice.ne.jp